×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

動詞の活用語尾
トップ ページ 
韓国語 
韓国映画 
韓国関連Link集 
Blog 
掲示板 

 

[名詞
[形式名詞
[代名詞
[数詞
[助詞
[副詞
[動詞
[語尾
[動詞の活用語尾] 
[助動詞
[接続詞
[時制
[尊待法
[否定] 

 

 

終結語尾

終結語尾の種類

4種類に分類される。

叙述形 -ㅂ니다/-습니다

나는 집에 갑니다. 私は家に帰ります。

疑問形 -ㅂ니까/-습니까

지금 무엇을 합니까?  今何をしていますか。

命令形 -십시오/-으십시오

안녕히 계십시오. 失礼します。

勧誘形 -ㅂ시다/-읍시다

자, 점심을 먹읍시다. さあ昼食を食べましょう。

特別な用法の終結語尾

(으)ㄹ까(요)? 

1.主語が一人称単数であれば、行動に対する主語の意志を表わしたり、聞き手の意志を尋ねる形式

제가 먼저 제 이름을 소개할까요?
私がまず私の名前の紹介をしましょうか。

2.主語が一人称複数であれば、聞き手とともに行動する事にたいして聞き手の意志を尋ねる形式

같이 한번 의논해 볼까?
一度いっしょに議論してみようか。

3.主語が客観化された一人称や二人称であれば、主語の行動や状態に対する話し手の推測が現れる。

내가 혼자 이 숙제를 할 수 있을까?
私が一人でこの宿題をできるだろうか。

4.主語が三人称であれば主語の行動や状態に対する話し手の推測を表わす疑問の形式になる。

혼자 외국에 가면 외롭지 않을까요?
一人外国に行けば寂しくないでしょうか。

-나(요)?

ある事実に対して聞き手に尋ねたり、話して自身が自問する形式。요が付けば聞き手を高める意味がある。また(으)ㄴ가(요)と交替して用いられることもある。

어떻게 하면 빨리 한국말을 배울 수 있나?
どうすれば早く韓国語を学ぶことができるか。

제가 그 서류에 서명해야 하나요?
私がその書類に署名しなければならないですか。

-(으)ㄹ께(요)=-ㄹ게(요)

ある行動をする意志を表明するとともに相手に約束する意味を表わす。叙述形式 ~するよ、~するからね

내가 그 일을 할께. 私がその仕事をするよ。

제가 할게요. 私がしましょう

-지

~だろう

여기가 어디지? ここはどこだろう。

너는 학생이지. 君は学生だろう。

-군/구나

感嘆の意味があり、話し手が話そうとする事実を実際に経験したり、現在起こりつつある事を見て知っていたり、これから起こることを確実に推定する意味。

한국말을 공부하시는군요. 
韓国語の勉強していらっしゃるのですね。

 

連結語尾

二つの基本文章が連結される時、先行する文の動詞に付いて二つの文を一つにつなぐ役割

-고

1.二つ以上の事実を単純に空間的に羅列する意味。

새가 울고, 꽃이 핍니다.
鳥が鳴き、花が咲きます。

2.二つ以上の出来事が同じ時間に同時に発生した時現れる。

난느 피아노를 치고, 동생은 노래를 불렀습니다.
私はピアノをひき、弟は歌を歌いました。

3.先行、後続の文の出来事が継起的に発生することを意味する。

아침밥을 일찍 먹고 학교에 갔습니다.
朝食を早く食べて学校に行きました。

4.動詞によっては先行する文の動作が完了し、その状態が継続する文の動作に継続することを表わすこともある。

형이 새 옷을 입고 외출했습니다.
兄が新しい服を着て外出しました。

-아(어, 여)서

1.先行する文が後続する文の理由や原因という意味で使用される。このとき、先行する文の動詞には았や겠が現われることはなく、後続する文の終結語尾に命令形や勧誘形は用いられない。

저는 바빠서 회의에 참석하저 못하겠습니다.
私は忙しくて会議に出席できません。

2.先行する文の動作が後続する文の動作に順序として先立つことを意味するが、二つの動作が互いに関連性がある場合に用いられる。このとき先行する文の動詞は動作動詞が用いられ、後続する文の終結語尾に制約はない。

시장에 가서 여러 가지 물건을 삽니다.
市場に行っていろいろな物を買います。

-(으)니까

1.先行する文の動作や状態が後続する文の理由になる場合に用いられるが、아서が表わす原因が一般的なものであるのに対し、니까は話してが個人的に感じたり考える意味が更に強く表われる。この場合には後続する文の終結語尾に命令形や勧誘形が多く用いられる。

오늘은 날씨가 추우니까 옷을 많이 입으세요.
今日は天候が寒いので服をたくさん着て下さい。

2.先行する文の動作が後続する文の動作を確認したり発見するようにする時間的契機になったという意味を表わす。この時先行する文の主語は話し手であり、後続する文の主語は先行する文の主語とだいたい異なる。

집에 가니까 친구의 편지가 있었습니다.
家に帰ってみると友人の手紙がありました。

이 약을 먹으니까 감기가 낫더군요.
この薬を飲んだので風邪がなおりましたね。

-는(은)데

1.先行する文の動作や状態が後続する文に関連することであるとき、先行する文の状況を継続して説明する意味を表わす。

제가 책을 읽는데, 좀 조용히 해 주세요.
私は本を読んでいますので少し静かにしてください。

2.先行する文と後続する文の意味上の連結によって反対概念、時間、理由、条件などの具体的な意味で表現されることもある。

형은 공부하는데, 동생이 밤에 들어왔어요.
兄は勉強をしているのに弟が夜帰ってきました。

3.時には終結語尾として用いられ、他の人の意見も聞こうという態度を表わすこともある。

 저 분은 내가 아는 사람이 아닌데.
あの方は私が知っている人ではないが。

-아(어, 여)도

1.後に좋다(良い)、괜찮다(かまわない)、되다(良い)などと結びついて先行する動詞の内容を許容したり、相手の意向を尋ねるという意味がある。

지금 집에 가도 좋습니다. 今家に帰ってもいいです。

2.先行する文の事実は認めるが後続する文とは関係がないことを表わす。副詞아무리(いくら)と共に用いられ、意味を更に明らかにすることもある。

내일 비가 와도 소풍을 가겠습니다.
明日雨が降っても遠足に行きます。

3.아(어, 여)도が疑問形終結語尾を持つ文章と結合して疑問文になる場合、それに対する答が否定であるときには면にしなければならない。

내일 아침에 늦게 일어나도 됩니까?
明日朝遅く起きてもいいですか。

아니오, 늦게 일어나 안 됩니다.
いいえ、遅く起きてはいけません。

-(으)려고

これからしようとする意図の意味を表わす。動作動詞と結合するが、形容動詞と共に用いられない。

한국말을 배우려고 한국어학당에 다닙니다.
韓国語を学ぼうと韓国語学堂に通っています。

-(으)러

主に移動の意味を持つ動詞に添加されて移動の直接的目的を表わす。

공부하러 학교에 갑니다. 勉強しに学校に行きます。

-(으)면

仮定の意味があり後続する文の動作や状態がなさるための前提条件を表わす。大部分の動詞に付けることができる。

動詞이다(~である)、아니다(~でない)では(이)라면の形が多く用いられる。

돈이 있으면 빌려 주십시오. お金があれば貸してください。

-아(어, 여)야

1.先行する動詞が後続の動詞に対し必ず前提とならなければならないことを表わす。大部分の動詞に付け加えることができる。

動詞이다(~である)、아니다(~でない)では(이)라야の形が多く用いられる。

그 일은 실제로 보아야 속이 시원하겠습니다.
それは実際に見て、はじめて疑いがなくなるでしょう。

학식이 많은 사람이라야 그 문제를 풀 수 있어요.
学識の深い人であって、はじめてその問題を解くことができます。

2.後に否定の意味があれば、仮定をいくら大きくしてもどうにもならないことを表わす。

이 약은 먹어 봐야 별 소용이 없어요.
この薬は飲んでみたとしても何にもなりません。

-도록

1.動作の程度や限界を表わす。動作動詞とのみ用いる

배가 터지도록 많이 먹었어요.
お腹が破裂するくらいたくさん食べました。

2.意識的に引っぱっていく方向や目標を表わす。

학생들이 이햏ㄹ 수 있도록 쉽게 설명해 주십시오.
学生が理解できるようやさしく説明して下さい。

-(으)면서

ある二つの動作や状態が同時に起きたり、動作が瞬間的に継続して起きることを表わす。先行の文と後続の文の主語は同じでなければならない。

밥을 먹으면서 재미 있는 이야기를 했습니다.
ご飯を食べながら、面白い話をしました。

-(으)며

二つ以上の同時的な動作や空間的な状態の羅列をいっしょに述べるときに用いられる。

장미는 예쁘며 아름답습니다.
バラはきれいで美しいです。

-지만

前の内容を認めながら、その後に反対であったり、前の内容から類推される反対内容を付け加えるときに用いられる。

그 학생은 학교에 다니지만 열심히 공부하지 않아요.
あの学生は学校に通っているが熱心に勉強しません。

-다가

1.継続していた状態や動作が中断し、他の動作に移ったり新たなことが起きることを表わす。時には-다だけで用いられることもある。

소설을 읽다가 친구하고 같이 외출을 했습니다.
小説を読んでいたが友人といっしょに外出しました。

도서관에서 공부하다가 늦게 집에 돌아왔습니다.
図書館で勉強していく遅く家に帰りました。

2.先行の動詞に았(었, 였)が結合すると動作が完了した後に中断して他の動作がなされることを表わす。

시장에 갔다가 은행에도 들렀습니다.
市場に行って銀行にも立ち寄りました。

-(으)ㄹ수록

1.ある動作や状態が更に進んでいくことを表わす。

한국말을 공부할수록 재미 있습니다.
韓国語は勉強するほどおもしろいです。

2.-(으)면(~ば)と結合して程度が進むことを更に強く表現する。

여행을 하면 할수록 젼문이 넓어집니다.
旅行をすればするほど見聞が広がります。

-자

後の動作が時間的に先行する動作に続いて継続することを表わす。時には-자마자の形で用いられる。

배가 고파서 집에 오자마자 저녁을 먹었습니다.
お腹がすいて家に帰るやいなや夕食を食べました。

-거든

1.先行の文が事実にもとづいた話し手の主観的な推定的条件を表わし、後続の文は命令形や勧誘の形の終結語尾が現われる。

서울역에 도착하거든 바로 전화하세요.
ソウル駅に到着したらすぐ電話してください。

2.時には終結語尾でも用いられ話し手の意志を更に強く表現したり、話し手の意図とは別の事になっていくとき、その理由を表わす。

저는 같이 갈 수 없어요, 바쁘거든요.
私はいっしょに行けません、忙しいですから。

 

冠形形語尾

 動詞の語幹や動詞についた接尾辞の後に付き、名を修飾する機能を持つ。

-는

動作動詞にのみ現われ、動作がある時点から現在持続的な状態にあることを述べる。

그 일은 어느 비 오는 날에 일어났습니다.
それはある雨の降る日に起こりました。

-(으)ㄴ

動作動詞に付き、あるとき以前に終わった事を表わし、また形容動詞や이다動詞に付き現在の事実を表わす。

경찰이 잃은 물건을 찾아 주었습니다.
警察が失った物を探してくれました。

-(으)ㄹ

動作動詞の後でまだ実現しないことを表わす。

비가 오니까 쓰고 갈 우산을 준비해야 합니다.
雨が降るのでさして行く傘を準備しなければなりません。

-던

1.過ぎ去ったことを回想したり過去持続の意味を表わす。

큰 소리로 울던 아이가 갑자기 울음을 그쳤습니다.
大声で泣いていた子供が急に泣きやみました。

2.았(었, 였)と結合すると完了の意味が更にはっきりする。

어제 만났던 사람을 오늘 또 만났어요.
昨日会った人に今日また会いました。

 

名詞形語尾

-(으)ㅁ

1.動詞に名詞の機能を持たせるが、だいたいにおいて動作や状態が完結したという意味を表わす。これは口語ではあまり用いられず普通는(ㄴ)것となる。

밥을 빨리 먹을은 건강에 해로운 것입니다.
ご飯を速く食べることは健康に害があります。

2.文章の終わりで当然しなければならないとか、ある事実を多くの人に知らせるとき用いられる。案内文や公告の文に多く用いられる。

오늘은 수업이 없음 本日授業はなし

입장권이 매진되었음 入場券売り切れ

3.時には動詞が完全に名詞に変わる場合もある。

걷다(歩く)→걸음(歩み)
자다(眠る)→잠(眠り)
울다(泣く)→울음(泣くこと)
웃다(笑う)→웃음(笑い)
기쁘다(うらしい)→기쁨(うれしさ)
슬프다(悲しい)→슬픔(悲しみ)
아프다(痛い)→아픔(痛み) 

-기

1.動詞に付いて名詞的機能を持つが、意味上では動作の意味がある。

오늘은 소풍 가기에 좋은 날씨입니다.
今日は遠足に行くのにいい天気です。

2.ある動詞はその前に他の動詞がくるとき、必ず기と活用するものがある。例えば쉽다(やさしい)、어렵다(難しい)、바라다(願う)、희망하다(希望する)、좋다(いい)、나쁘다(悪い)、힘들다(困難だ)などがある。

이 문제는 풀기(가) 어려워요.
この問題は解きにくいです。

 

-기 위해서(위하여)

공부하기 위해서 학교에 다닙니다.
勉強するために学校に通いましす。

-기 때문에

머리가 아프기 때문에 좀 쉬어야겠어요.
頭が痛いので少し休まなければなりません。

-기 전에

식사를 하기 전에 기도합니다.
食事をする前にお祈りします。

 

メモ