×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

過去
トップ ページ 
韓国語 
韓国映画 
韓国関連Link集 
Blog 
掲示板 

 

 

陽語幹の場合の過去形の「요体」の作り方 

語幹の最後の音節に陽母音[아, 야, 오, 요]があるものを陽語幹と呼びます。

 

①陽語幹を過去形にするには、語幹に「았어요」を付ける。 

찾다(探す)→찾았어요 닫다(閉める)→닫았어요

 

②[아]音が重なる場合は[아]を省略し、語幹に「ㅆ어요」を付ける。

자다(寝る)→잤어요 싸다(安い)→쌌어요

 

③[오]音に「았어요」が続くと、「왔어요」の形になる。

보다(見る)→봤어요 나오다(出る)→나왔어요

 

④「~하다」は、「하変則」で「했어요」になる。

청소하다(掃除する)→청소했어요
심심하다(退屈だ)→심심했어요

 

陰語幹の場合の過去形の作り方

a) 陰語幹を過去形にするには、語幹に「었어요」を付けます。また、「우+었어요」は「웠어요」となります。

찍다(撮る)→찍었어요
배우다(習う)→배웠어요

 

b) [어]音が重なる場合は、[어]を省略し語幹に「ㅆ어요」を付けます。

서다(立つ)→섰어요
일어서다(立ち上がる)→일어섰어요

 

c) [여]音が「었어요」の前に来る場合も、「어」を省略し語幹に「ㅆ어요」を付けます。

펴다(広げる)→폈어요
켜다(火をつける)→켰어요

 

d) [애]音が「어요」の前に来る場合も、「어」を省略し語幹に「ㅆ어요」を付けます。

내다(出す)→냈어요
보내다(送る)→보냈어요

 

e) 語幹が[이]で終わるものは、「이+었어요」が「였어요」となります。

치다(打つ)→쳤어요
보이다(見える、見せる)→보였어요

 

変則の過去形

①「ㅂ変則」の過去形の作り方

パッチム「ㅂ」が「우」に変わり、「었어요」が付いて「웠어요」となります。

즐겁다(楽しい)→즐거웠어요

ただし、「돕다(助ける)→도왔어요」と「곱다(優しい)→고왔어요」は「왔어요」の形を取ります。

 

②「ㄷ変則」の過去形の作り方

パッチム「ㄷ」が「ㄹ」に変わり、陽語幹には「았어요」、陰語幹には「었어요」が付く。

치닫다(駆けあがる)→치달았어요
듣다(聞く)→들었어요

 

③「ㅅ変則」の過去形の作り方

パッチム「ㅅ」が脱落し、陽母音には「았어요」、陰母音には「었어요」が付く。

낫다(治る)→나았어요
짓다(建てる)→지었어요

 

④「ㅎ変則」の過去形の作り方

 パッチム「ㅎ」が脱落し、母音により「앴어요, 얬어요, 옜어요」が付きます。

노랗다(黄色い)→노랬어요
새하얗다(真っ白い)→새아얬어요
부옇다(ぼやけている)→부옜어요

 

①「으変則」の場合

 「크다:大きい」も陰語幹ですが、この過去形の「요体」は「컸어요」となり、「으変則」と呼ばれる。

쓰다(使う、書く、苦い)→썼어요
뜨다(浮かぶ)→떴어요
끄다(火を消す)→껐어요

a) 語幹が1音節で[르]以外の[으]音で終わる場合

크다(大きい)→컸어요 쓰다(使う、書く)→썼어요

b) 3音節以上の用言で、語幹が[르]以外の[으]音で終わり、語幹の終わりから2番目の音が陰母音の場合

기쁘다(うれしい)→기뻤어요 예쁘다(きれいだ)→예뻤어요

c) 3音節以上の用言で、語幹が[르]以外の[으]音で終わり、語幹の終わりから2番目の音が陰母音の場合

아프다(痛い)→아팠어요 고프다(空腹だ)→고팠어요

※「따르다(従う、酒などを注ぐ)→따랐어요」のように語幹が[르]でも「으変則」のものがある。

 

②「르変則」の場合

a) 語幹が「르」で終わり、語幹の終わりから2番目の音が陽母音の場合

모르다(知らない)→몰랐어요 빠르다(速い)→빨랐어요

b) 語幹が「르」で終わり、語幹の終わりから2番目の音が陰母音の場合

부르다(呼ぶ)→불렀어요 누르다(押す、押える)→눌렀어요

※「이르다(至る)→이르렀어요」のように[러]が語幹と「ㅆ어요」の間に挿入されるものがあります。これを「러変則」と呼びます。