×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

文法
トップ ページ 
韓国語 
韓国映画 
韓国関連Link集 
Blog 
掲示板 

 

Google

Web サイト内
 

 

 

 

  韓国語の文法です。日本語と構造が似ているので習得しやすいです。

 

意味別文法

意思、未来

-겠-
-ㄹ/을게요.(自分の意志)   ~します。

様態

~ようだ、~みたいだ

可能/不可能

-ㄹ 수 있어요. ~できる、못 できない

予定

 

継続・進行

~ている

義務、許可

-아/어야 하다/되다 ~しなければならない

依頼、願望、勧誘

 

命令、禁止

 

尊敬

-시- 尊敬語・謙譲語

過去

-았/었 ~た

使役表現

~させる

 受身表現

~られる

引用・間接話法・伝聞

~と言う、~だそうです

目的・原因・理由

~ため、~なので

 逆接・仮定表現

~ですが(逆接)、~すれば、~ならば(仮定)

婉曲表現

 

感嘆

 

 推量

 

授受

 

文末表現

その他の文末表現

用言の活用

 連体形

名詞を修飾する形

変則活用

動詞・形容詞の変則活用です

品詞別文法

名詞 名詞Ⅱ

形式名詞

代名詞

数詞

助詞 助詞Ⅱ

 副詞 副詞Ⅱ

動詞

語尾

動詞の活用語尾

 助動詞

接続詞

時制

尊待法

否定

 

 

小ボタンサンプル80文末表現

【中級】
文末表現をまとめていきます。奥深い会話をするにはいかに文末表現を知っているかにかかってます。検定試験対策にもいいと思います。

更新がストップしてます。すみません。

小ボタンサンプル80用言の活用表

【初級・中級】
これは語基の考えに基づいた用言の活用です。

小ボタンサンプル80すぐわかる上級表現

【上級】[PDFファイル]
これは韓国語というより日本語の勉強です。

 

参考資料

「NHKテレビ『ハングル講座』」2002年7月から現在までのテキスト
「NHKラジオ『ハングル講座』」2002年7月から現在までのテキスト
「韓国語ジャーナル」第1回から現在まで(アルク)
「標準韓国語 1 基礎から会話まで」李崇寧監修/朴成媛編著(高麗書林)
「すぐわかるハングル文法」尹宣煕著(南雲堂)
「表現が広がるこれからの朝鮮語―Introduction 会話+文法 CDブック」権在淑著(三修社)
「CDレッスン 驚くほど身につく韓国語 」李蓮玉著(高橋書店)
「最もシンプルな韓国語マニュアル―99のパターンでこんなに話せる!」小倉紀蔵著(アルク)
「至福の朝鮮語」野間秀樹著(朝日出版社)
「ハングルの基礎」油谷幸利著(大修館書店)
「朝鮮語の入門」菅野裕臣著(白水社)
「朝鮮語を学ぼう」朝鮮語学研究会編著(三修社)
「Viva!中級韓国語」野間秀樹/金珍娥共著(朝日出版社)
「文法・語彙 スタンダードハングル講座〈2〉」梅田博之/責任編集(大修館書店)
「文法・語彙 スタンダードハングル講座〈3〉」梅田博之/責任編集(大修館書店)
「文法・語彙 スタンダードハングル講座〈4〉」梅田博之/責任編集(大修館書店)
「韓国語上達の近道―ミス徹底分析」李昌烈著(白帝社)
「やさしい韓国語」朴熙泰著/韓甲洙監修(韓国外国語会話社)
「韓国人がよく使うスラング・口語表現」中山義幸著(アルク)
「日韓対照言語学入門」油谷幸利著(白帝社)
「外国人のための韓国語文法」(延世大学校 出版部)
「외국인을 위한 한국어문법」임호빈/홍경표/장숙인(연세대학교 출판부)
「NHKテレビ『とっさのハングル』  語学シリーズ 」
「미즈노의 120분 일문법」(넥서스)
「韓国語 上級演習ノート」前田真彦著(白帝社)
「朝鮮語四週間」石原六三著/青山秀夫著(大学書林)
「「ハングル」検定公式ガイド 合格トウミ 初・中級編」(ハングル能力検定協会)
「「ハングル」検定公式ガイド 合格トウミ 上級編」(ハングル能力検定協会)
「コスモス朝和辞典」菅野裕臣/[ほか]共編(白水社)
「韓国語文法辞典」白峰子著/大井秀明訳/野間秀樹監修(三修社)
「뉴에시스 한일사전」(금성출판사)
「デイリー日韓英3か国語会話辞典」尹亭仁監修/三省堂編修所編(三省堂)
「韓国語概説」李翊燮著/李相億著/蔡著/梅田博之監修/前田真彦訳(大修館書店)
「韓国語変遷史」金東昭著/栗田英二訳(明石書店)

 

 

外国語の学習に必要な文法は手段としての実用的文法であって、目的となる学術的な文法とは違うのである。文法は補助手段であって、それ自体が学習の目的ではないことをよく理解しておく必要がある。完全なる文法の知識を必要とするのはごく一部の専門家であり、外国語の習得を目指す数多くの人が必要とするのは文法の基礎知識である。この基礎知識は誰もが学ばねばならず、これなしでは外国語の学習は不可能である。

外国語上達法』千野栄一著から

 

 

以下は個人的な走り書き程度のメモです。

小ボタンサンプル80言語学の勉強

基礎中の基礎を確認。

小ボタンサンプル80日本語文法の勉強

簡単な確認。